採用情報と面接

 面接の場で採用情報の話になることもあります。採用情報を知りたい時は、求人サイトや雑誌、新聞の折り込み広告などが役立ちます。しかし、面接を受けにいかなければわからないような採用情報もないわけではありません。面接の合否まで辿り着く前に、書類で落とされる場合もあります。電話やメール、書類応募などにも気を使いましょう。

履歴書や自己PR文を登録し、求人を出す会社側が参照できるタイプの転職サイトもありますので、会社に自分を伝えるチャンスといえるでしょう。面接というステップまで行けたとしても、年齢や諸条件が合わないということもありえます。採用されるために面接でどのような準備をしておくかについては、会社側が求める人物像についての知識を得ておくことが大事です。

採用されるために必要な社会常識やマナーなども重要です。転職を考えている人にとっては、既に社会人として通用しているという事実は大事な実績となります。アルバイトとして新しい仕事に採用されたいと活動をしている方もいます。派遣のアルバイトや社員として働く時には、派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらえるところもあります。

面接や採用についてもきめ細かなサポートがつきます。最初は派遣社員として働き、様子を見ながら正社員となるという場合もあります。面接、採用と仕事につくための様々なステップにおいて頼りになるといえます。